【公開前ドラフト】2021/9/17(金)開催 AIB協会 AIビジネス推進方策セミナー 「人工知能ビジネスを産学連携で加速・拡大する」

 一般社団法人 人工知能ビジネス創出協会(AIB協会)はAI推進方策セミナーを開催いたします。
 9月は、AIビジネスの推進方法の有力な手段のひとつとして「産学連携」の成功事例をご紹介します。産学連携は一般的には「うまくいくの?実ビジネスにつながるの?敷居が高い!どうやって相談すればいいの?」などと思われがちです。そこで今回はそれらの疑問・疑念を払拭していただくために成功事例を紹介いたします。
 是非参考にしてAIビジネスを加速・拡大してください。

【こんな方にお勧めです】
 ・ 産学連携でAIビジネスの成果を出したい方
 ・ AIビジネスに参入したいがAI技術の不安・不足がある方
 ・ AIビジネスを始めたが、さらに改善を目指している方
 ・ 新しいAI技術を探している方
 ・ 産学連携先を探している方 など

2021/9/17(金)開催 AIB協会 AIビジネス推進方策セミナー 「人工知能ビジネスを産学連携で加速・拡大する」

【セミナープログラム】

● 日時: 2021年9月17日(金)14:00~17:00(オンライン開催)
    (zoom で配信予定です)
● 参加費用:会員法人・非会員法人共に参加費は無料
● 事前登録制:以下のお申込フォームからお申込下さい。お申込をされていない方は参加出来ません
● 定員:先着99名様(定員になり次第締め切らせていただきます)
 お申込して頂いた方には、事前に個別に参照するURLなどをお知らせいたします
お申込の締め切り:9月15日(水)正午まで
● 企画・運営:株式会社 ISP Networks(AIB協会・正会員 事務局)

1:AIB協会 「アンケートから見える現在のAIビジネスの状況」 (14:00 – 14:15)

 頂いたアンケートの集計結果などから「現在のAIビジネスの状況」を解説いたします。
 特に今回は、ことし前半の集計結果も解説いたします。

一般社団法人
人工知能ビジネス創出協会(AIB協会)代表理事 佐々木賢二


2:「人工知能ビジネスを産学連携で加速・拡大する」 (14:15 – 16:30)

2-1:「マーケティングデータ分析での産学連携事例紹介」 コニカミノルタ・電気通信大学(45分)
 コニカミノルタが展開するショッパー行動解析サービス「Go Insight」(ゴー・インサイト)における取り組みを紹介します。 Go Insightは数多くの企業様に活用いただいている人工知能関連ビジネスの成功例ですが、その事業化には数々の困難がありました。技術的な課題や事業化における障壁をどのように乗り越え、産学連携を進めつつ事業化に至ったのか、そのストーリーをお話します。

【AIB協会からのお願い】
※ Go Insightは「売り場の天井にカメラを設置し、その画像を解析し、購買者の属性・商品への接触・滞在時間など棚前行動をデータ化し、分析するサービス」だと思いますが、上記文章に具体的な表現を加筆していただき、参加者に見て聞いていただきたい説明書きを追加していただけませんか(「ショッパー行動解析」のところ)。
※ Go Insightの活用している場面などの写真、または概念図のようなものを示して頂けないでしょうか。

※ Go Insightのページ(https://promarketing.konicaminolta.com/service/goinsight/)を記載してよろしいでしょうか。
※ 産学連携で大学に支援していただいたところ・分担などを大まかに示していただけますでしょうか?
※ 「産学連携を活用すポイント・アドバイス」について箇条書き程度でも良いので示して頂けないでしょうか。

※ 参加者に伝えたいこと、アピールしたいことなどあれば追記してください。


講演者:コニカミノルタ株式会社 マーケティングサービス事業部事業開発部コンサルティンググループ
グループリーダー 清水隆史(しみず たかし)氏


2-2:「生物多様性モニタリングの実現に向けた産官学民連携」 株式会社バイオーム(45分)
 生物の名前を識別する画像解析AIを活用した生物多様性保全ビジネスについて、サービス開発に至った経緯や大学や研究機関と取り組んできたこれまでの成果、今後の展望などをご紹介します。

【AIB協会からのお願い】
※ Biomeの概念図のようなものを示して頂けないでしょうか。https://biome.co.jp/app-biome/に示されている「便利な機能が満載」そのものでも構いません。このページは特徴などをすべて表現しているとても良いページだと思います。
※ 「大学や研究機関と取り組んできたこれまでの成果」についておおまかに示していただけますでしょうか?TBSラジオでは「大学など各研究機関に収集したデータを有償で提供しビジネス化している」とのことだったと思いますが。。。。
※ 「産学連携を活用すポイント・アドバイス」について箇条書き程度でも良いので示して頂けないでしょうか。
※ 参加者に伝えたいこと、アピールしたいことなどあれば追記してください。

講演者:株式会社バイオーム 代表取締役 藤木庄五郎(ふじき しょうごろう)氏

2-3:「機械から発する音の可視化の実現に向けた産学連携事例」 別川製作所・金沢工業大学(45分)
 いろいろな機械から発する音を可視化する技術をスマートフォンから操作・表示できるようなサービスとして開発を進めている現状をご紹介します。

【AIB協会からのお願い】
※ 「機械」とは製造装置のことでしょうか?「機械」の種類を限定しませんか?

※ このサービスの概念図のようなものを示して頂けないでしょうか。以下を載せてよろしいでしょうか。

※ 工大さんのページ(https://www.kanazawa-it.ac.jp/kitnews/2021/0401_matsui-lab.html AI、IoTの技術を活用し、工場設備の異常音を検知するアプリを開発。松井くにお研究室と株式会社別川製作所の共同研究で)を記載してよろしいでしょうか。
※ 産学連携で大学に支援していただいたところ・分担などを大まかに示していただけます出ようか?
※ 「産学連携を活用すポイント」について箇条書き程度でも良いので示して頂けないでしょうか。

※ 参加者に伝えたいこと、アピールしたいことなどあれば追記してください。

講演者:別川製作所 企画開発室 高筒正義(たかんど まさよし)氏
講演者:金沢工業大学 工学部 情報工学科 松井くにお(まついくにお)教授

※ 任意なのですが、登壇者の顔写真を頂けないでしょうか。


3:全体質疑応答・ディスカッション (16:30 – 17:00)

※ 登壇者全員で「産学連携の秘訣・ポイント」などについてそれぞれのお立場からご説明・ディスカッションをしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。ささきから質問を投げかけますので、ご回答ください。

4:クロージング ( -17:00)

  進行:一般社団法人人工知能ビジネス創出協会(AIB協会)代表理事 佐々木賢二

    「人工知能ビジネスを産学連携で加速・拡大する(仮)」 のお申込

       上記セミナーのオンライン参加を申込みいたします(お申込はお一人様ごとにお願いいたします)

    1: お名前 (必須)

    2-1: ご所属団体 (必須)

    2-2: ご所属部署・役職(必須):

    2-3: 法人の業種を選択してください(必須・択一)

    (参考)総務省 日本標準産業分類(平成25年10月改定)(平成26年4月1日施行)
    https://www.soumu.go.jp/toukei_toukatsu/index/seido/sangyo/02toukatsu01_03000023.html

    3: メールアドレス (必須)※このメールアドレスに受講のURLなどが通知されます

    4: メールアドレス (確認用・必須)

    5: 本イベントをどのように知りましたか(必須・択一)

    6: あなたのいつもの勤務地はどの地方ですか?(必須・択一)

    7: 当日はどこから視聴しますか?(必須・択一)

    8: あなたの法人での役割は?(必須・択一)

    9: あなたの法人の規模は?(必須・択一)

    10: AIの利用者ですか?(必須・複数選択可)
    AI利用者  AI開発者  AI提供者  その他

    11: 貴社または顧客先がAIで行っている・行いたいことはどれにあたりますか?(必須・複数選択可)
    画像認識  文章認識  音声認識  需要予測  故障予測  価格予測  開示できない  その他  
    具体的テーマがあれば教えてください(任意)

    12: 貴社または顧客先でAI活用を推進上で過去を含めて「お困りごと」がありましたら教えてください(必須・複数選択可)
    データが存在しない・整理されていない  課題の整理が出来ていない  費用対効果が計画できない  経営トップの理解・意識低い  AI推進役のスキル不足  現場をAI活用に巻き込めない  AI推進上のパートナーが居ない  開示できない  その他  
    具体的な「お困りごと」があれば差し支えない範囲で教えてください(任意)

    13: 御社または提案先のAIプロジェクト段階は?(必須・複数選択可)
    調査・情報収集の段階  構想・企画の段階  POC・試行・検証等の段階  システム・サービスを構築中  システム・サービスを運用中  予定していない  開示できない  その他

    14: AIプロジェクトへのかかわり方を教えてください(必須・複数選択可)
    社内の導入について意思決定する立場  社内の導入について選定や提案をする立場  顧客に提案・コンサルティングする立場  導入に関与しない  情報収集  開示できない  その他  

    15:AIプロジェクトにおいて、アノテーションを行っていますか?(必須・複数選択可)
    アノテーションを行っていない  アノテーションを行っている(自社内で)  アノテーションを行っている(外注などで)  開示できない  その他

    16: データサイエンティストは自社に在籍していますか?(必須・択一)

    17: クラウド系AIサービス開発の費用負担は、月額料金、初期開発費用はいくらまでなら支払っても良いと思いますか?
    【初期費用について】(必須・択一)
    【月次費用について】(必須・択一)

    各プレゼンテーションについて:

    18-1: 「マーケティングデータ分析での産学連携事例紹介」コニカミノルタ・電気通信大学について
    (必須・択一)
    質問(任意)

    18-2: 「生物多様性モニタリングの実現に向けた産官学民連携」株式会社バイオームについて
    (必須・択一)
    質問(任意)

    18-3: 「機械から発する音の可視化の実現に向けた産学連携事例」別川製作所・金沢工業大学について
    (必須・択一)
    質問(任意)

    AIB協会についてお伺いします:

    19:AIB協会に開催してもらいたいイベントはどんなものですか?(必須・複数選択可)
    AI技術セミナー  AIビジネス実践報告セミナー  AIビジネス推進方策セミナー  AI法務・知財セミナー  AI技術者育成セミナー  AIハンズオン  AI個別相談(無料)  AI個別相談(有料)  AIビジネス・情報交換会(コロナ明けに会場で)  AIビジネス・情報交換会(オンライン)  自社告知・ショートプレゼンテーションの登壇希望(5分)  自社・プレゼンテーションの登壇希望(30分以上)  AIユーザ企業によるAIニーズ公開とAI提案募集(30分以上)  その他  

    99: AIB協会への入会について(必須)

    ※ たくさんのご回答、有難うございます。当日のセミナーの参考にさせていただきます
    ※ アンケートの内容はAIB協会・事務局で運営に活用させていただきます。また一部登壇者が活用させて頂きますが、公開など第三者に開示されることはありません
     AIB協会・個人情報保護方針:http://aib.or.jp/privacy-policy/
     コニカミノルタ株式会社セキュリティーポリシー:https://www.konicaminolta.com/jp-ja/siteinfo/privacypolicy.html


    上記の内容でよろしければ、チェックを入れて申込みボタンを押してください。


    申し込みを受け付けますとグリーンのメッセージが表示されます。
    「 AIB協会主催セミナーのお申込み、誠に有難うございました。【自動応答】で受付の確認のメールを送信いたしました。 」
    お申し込みボタンをクリック後、しばらく時間がかかる場合がございます。改善を検討しておりますが、1分ほどたっても反応がない場合は再度クリックをしてください。

    ご質問等は、以下にご連絡ください。

    人工知能ビジネス創出協会 事務局

    〒150-0031
    東京都渋谷区桜丘町18-6 日本会館4階 株式会社 ISP Networks 内
    一般社団法人 人工知能ビジネス創出協会