【開催しました】2021/ 1/ 20(水)開催 AIB協会AIセミナー 「効果の出やすいAIビジネス課題へのアプローチとは?~製造業向け事例で解説~ by TDSE」

たくさんのご参加を得てオンラインで開催しました
今回はビデオ公開がありません

 一般社団法人 人工知能ビジネス創出協会(AIB協会)は「 効果の出やすいAIビジネス課題へのアプローチとは?~製造業向け事例で解説~ by TDSE」 とのテーマでAIセミナーを開催いたします。
 今回はデータサイエンティストの集団のテクノスデータサイエンス・エンジニアリング社の現場で活躍するデータサイエンスのスペシャリストから、AI技術とビジネスの課題を整理して解説していただき、具体例で示していただきます。
 オンライン(Zoom)での開催ですが、質疑応答・ディスカッションの場も設けました。

 こんな方は是非ご参加下さい。
 
□  これからAI活用に取り組むまたは既にお取り組み中の企業ご担当者様
 □  AI活用にご興味をお持ちの企業ご担当者様
 □  製造業のデータ活用推進部門のご担当者様

2021/ 1/20(水)開催 AIB協会AIセミナー 「 効果の出やすいAIビジネス課題へのアプローチとは?~製造業向け事例で解説~ by TDSE」

● 日時: 2021年 1月20日(水)14:00~15:20(オンライン開催)
     (zoom で配信予定です)
● 参加費用:会員法人・非会員法人共に参加費は無料
● 事前登録制:以下のお申込フォームからお申込下さい。お申込をされていない方は参加出来ません
● 定員:先着99名様(定員になり次第締め切らせていただきます)
 お申込して頂いた方には、事前に個別に参照するURLなどをお知らせいたします
お申込の締め切り:1月 18日(月)正午まで

● 企画・運営:株式会社 ISP Networks(AIB協会・正会員)

【セミナープログラム】

プログラム

1:AIB協会 からのご案内 (14:00 – )

 一般社団法人
人工知能ビジネス創出協会(AIB協会)代表理事 佐々木賢二


2: 効果の出やすいAIビジネス課題へのアプローチとは?~製造業向け事例で解説~ by TDSE(14:05 – 14:45)

概要: デジタルトランスフォーメーションという言葉が大きな注目を集めつつある昨今、企業の意思決定軸を”経験と勘”から、”データとIT”へ移行するためには、AI、データ活用を企業内に根付かせることが非常に重要です。
 AIを導入すればすべてのビジネスが効率化し、成果が上がるというわけではありません。
 AIを用いてビジネス課題を解決しAI活用を企業内に根付かせるためには、どの課題にAIを用いるのかを、ビジネスインパクトと実現可能性の両面から十分に検討することが重要です。
 本セミナーでは、ビジネスとアナリティクスの両面から効果の出やすいビジネス課題の選定方法を、製造業の最新事例を交えながら丁寧に解説します。

講演者:水野亮氏( テクノスデータサイエンス・エンジニアリング 株式会社

3:質疑応答・パネルディスカッション(14:45 – 15:15)

4:クロージング (15:15 – 15:20)

  一般社団法人人工知能ビジネス創出協会(AIB協会)代表理事 佐々木賢二

(次回2月開催予定)AI知財セミナー
 AI関連発明に関する特許事例や審査基準の紹介と、それを踏まえた特許出願の着眼点・留意点を紹介
 「どのようなものが特許になっていて(特に、AIユーザー側の視点)、新しいAIビジネスを出願するとき(権利化したいとき)に、どの辺りに着眼したらよいか」をじっくり解説していただきます。

たくさんのご参加を得て、オンラインで開催いたしました

ご質問等は、以下にご連絡ください。

人工知能ビジネス創出協会 事務局

〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町18-6 日本会館4階 株式会社 ISP Networks 内
一般社団法人 人工知能ビジネス創出協会