【募集開始・会場開催】2021/12/15(水)開催 AIB協会セミナー「DXとクラウドAIの最新状況」 DX/AIプラットフォーマー各社から

登壇社:
ソフトバンク、AWS、日本IBM
コニカミノルタ、日本マイクロソフト

お申込はこちらから ↓

 AIB協会はAIビジネス推進に欠かせないDXの推進についても最新の情報を各社から状況をプレゼンテーションしていただきます。また各社プレゼンターと直接ディスカッションできる時間を設けました。
 ICT各社で、各プラットフォーマーとパートナーシップを検討している方も是非ご参加ください。
 同健保会館の感染防止対策をしたうえでの開催となります。今回はオンライン配信は御座いません。

 ご承知のように、日本のDX/AIの推進状況は非常に遅れています。
 (1)普及・活用が進んでいない
 (2)本来のターゲット「新たな価値を創出する」ことへの着目が低い
 (3)レガシーの情報システム、情報部門が扱うのは困難である(性格そのものが異なる)
 経済産業省は以下のように「DX加速シナリオ」を示しました(2020/12)。

 ※ https://www.meti.go.jp/press/2020/12/20201228004/20201228004-1.pdf より

 AIB協会のアンケートでも、抱える課題は以下のように回答されています。
 AIビジネスの課題も遅れも、DX推進と同様の現状です。
 各社からの事例情報・支援策などを参考に、DX/AI の推進を加速してください。

「DXとクラウドAIの最新状況」 DX/AIプラットフォーマー各社から

● 日時: 2021年12月15日(水)14:00 – 17:00(受付開始は 13:45 から)

● 場所:関東ITソフトウェア健康保険組合・山王健保会館(トスラブ)2階・会議室(山王)
● 所在地: 東京都港区赤坂2-5-6
● 交通:
地下鉄銀座線・南北線「溜池山王駅」下車10番出口より徒歩3分
地下鉄千代田線「赤坂駅」下車2番出口より徒歩5分
地下鉄銀座線・丸ノ内線「赤坂見附駅」下車10番出口より徒歩7分

● 募集定員:40名(お申込先着順)
 先着順にお申し込みを受け付けます。定員に達した場合お申し込みを締め切らせていただきます。
 最大定員132名(224平米)のホールを使って、十分な間隔を取って実施します。
 同健保会館の感染防止対策をしたうえでの開催となります。新型コロナウイルスの感染拡大などで東京都などの制限の指導があった場合中止とさせていただきます。

● 受講費用:
 AIB協会・会員: 無料
 非会員:10,000円(税込み) ※ 当日、受付でお支払ください(領収書を発行致します)
 ※ 会員一覧はこちらを参照してください: AIB協会・会員一覧

● ネットワーキング(懇親会・和会席)費用:
 セミナー終了後、講演者とのネットワーキング(懇親会・有料)にも是非ご参加ください。参加者同士の人脈構築にもお役立てください。
 AIB協会・会員: 5,000円(税込み) ※ 当日、受付でお支払ください(領収書を発行致します)
 非会員:8,000円(税込み) ※ 当日、受付でお支払ください(領収書を発行致します)
 セミナー終了後、同ビル内にてネットワーキング(懇親会・和会席)を行います(有料・別途申込必要)。
 講師陣、協会の理事・運営委員が出席いたします。個別の質問・ご相談、ざっくばらんな情報交換・交流としてもご利用ください。
 同健保会館の感染防止対策をしたうえでの開催となります。新型コロナウイルスの感染拡大などで東京都などの制限の指導があった場合中止とさせていただきます。

● 申込み期限:12月10日(金)正午
※ 受講、ネットワーキングをキャンセルの場合、12月13日(月)正午までにメールでお知らせください。それ以降のキャンセル・欠席は全額お支払いください。

お申込はこちらから ↓

● プログラム:

1:AIB協会 「アンケートから見える現在のDXとAIビジネスの状況」 (14:00 – 14:10)

 頂いたアンケートの集計結果などから「現在のDXとAIビジネスの状況」を解説いたします。
  一般社団法人 人工知能ビジネス創出協会(AIB協会)
  代表理事 佐々木賢二

2:「DXとクラウドAIの最新状況」 AIプラットフォーマー各社から(14:10 – 16:00)

2-1:画像認識AIを活用した産業別DX事例のご紹介(ソフトバンク)

概要
 既に活用され始めた画像認識AIによって効率化や高付加価値化が進み始めています。本セミナーではソフトバンクが既にリリースしているEC、車両向けのサービスと現在サービス化が進行中の メディア業界、ヘルスケアの例をご紹介していきます。


 

講師:ソフトバンク株式会社 クラウドエンジニアリング本部 AIソリューション推進部
野嶋 将光(のじま まさみつ)氏

2-2:AI/ML をビジネス実装するためのポイント(AWS)

概要:
 AI / ML 関連技術の発展と普及に伴い企業における機械学習導入のハードルが下がり、機械学習の民主化が進んでいます。一方、実ビジネスへの実装・運用、活用などに不安を抱えているお客様も多いと思います。これらの不安を解決するためにAWS や機械学習の専門性を持つAWS パートナーと伴走し、共同で課題解決に取り組みながら徐々に内製化を進めていくのも一つの解決方法となります。

参考情報:
 AWS がガートナーのクラウド AI 開発者サービスに関するマジック・クアドラントでリーダーに位置づけ
 AWS Startup ブログ Tag: ML@Loft 【イベント・セミナー・資料公開などのページ】


講師:アマゾン ウェブサービス ジャパン 合同会社
パートナーアライアンス統括本部 ストラテジックセグメントリード (IoT・機械学習)
小澤 剛 (おざわごう)氏

2-3:データ活用の課題を解決するデータファブリックテクノロジーのご紹介(日本IBM)

概要:
 現在、多くの企業がデータ活用の取り組みを進めていますが、データは様々な場所に散在し、また日々増大していくため、データをすぐに分析に活用できないといった課題に直面しています。このような分散して存在するデータの課題に対処するためのアプローチであるデータファブリックについて、ご紹介いたします。

参考情報:
 IBMはデータ・ファブリックのユースケースで2位にランク



日本アイ・ビー・エム株式会社 テクノロジー事業本部 Data and AIエバンジェリスト
田中 孝(たなか たかし)氏

2-4: EBPM(Evidence Based  Policy Making)で変わる地方自治体  ~その取り組みを支える我々の地道な活動~(コニカミノルタ)

概要:
COVID-19の影響により民間企業ではデジタルシフトが加速した一方で、自治体では課題が山積しており、特に小規模自治体においては、予算、リソース面はもとより、知識・情報面において大きく格差が生じています。  弊社では、80の自治体の総勢30000人以上の職員(係長職)に全庁業務量調査データを実施し、庁内のさまざまな業務フローを可視化し、課題を抽出・明確化、業務改善と標準化への取り組みを進めてまいりました。そこで同社が開発した「自治体 DX 支援プラットフォーム」を自治体様にご利用いただくことで、自治体DXに向けた要諦が明らかになるとともに、日本全体の課題でもあった自治体ITリテラシー格差の解決への道筋が見えてくると考えています。

関連情報:
 あなたの街の改善コンシェルジュ  デジタルの力で自治体業務に変革を


  
 
コニカミノルタ株式会社 デジタルワークプレイス事業本部 自治体DX推進部 部長
  コニカミノルタパブリテック株式会社 代表取締役社長
別府 幹雄氏

2-5:AIパートナーを支えるマイクロソフトのクラウドプラットホームMicrosoft Azureと最新トレンド紹介(日本マイクロソフト)

概要:
 マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」には多くのAI機能及びサービスが含まれています。AIパートナーが新たなソリューションを開発するプラットフォームの最新トレンドをご紹介します。また日本マイクロソフトが取り組むAI人材育成や事例についてもご紹介します。



日本マイクロソフト株式会社 パートナー事業本部 ISVビジネス統括本部
清水豊 / Yutaka Shimizu(しみず ゆたか)


3:フリーディスカッション (16:00 – 17:00)

 各講演者と直接相談・質疑できる時間を設けました。

4:ネットワーキング(懇親会・和会席)(17:00 – 19:00)

 セミナー終了後、同ビル内にてネットワーキング(懇親会・和会席)を行います(有料・別途申込必要)。
 講師陣、協会の理事・運営委員が出席いたします。個別の質問・ご相談、ざっくばらんな情報交換・交流としてもご利用ください。
 同健保会館の感染防止対策をしたうえでの開催となります。新型コロナウイルスの感染拡大などで東京都などの制限の指導があった場合中止とさせていただきます。

● 企画・運営:
 株式会社 ISP Networks

  

    AIB協会セミナー「DXとクラウドAIの最新状況」AIプラットフォーマー各社から のお申込

    このセミナーに申し込みますか(必須・択一)

    ネットワーキング(懇親会)に参加しますか(必須・択一)

     ※ 会員一覧はこちらを参照してください: http://aib.or.jp/members-2/

    1: お名前 (必須)

    2-1: ご所属団体 (必須)

    2-2: ご所属部署・役職(必須):

    2-3: 法人の業種を選択してください(必須・択一)

    (参考)総務省 日本標準産業分類(平成25年10月改定)(平成26年4月1日施行)
    https://www.soumu.go.jp/toukei_toukatsu/index/seido/sangyo/02toukatsu01_03000023.html

    3: メールアドレス (必須)※このメールアドレスに受講のURLなどが通知されます

    4: メールアドレス (確認用・必須)

    5: 本イベントをどのように知りましたか(必須・択一)

    6: あなたのいつもの勤務地はどの地方ですか?(必須・択一)

    7: 最近の勤務場所はどちらですか?(必須・複数選択可)勤務先  在宅  テレワーク先  その他  

    8: あなたの法人での役割は?(必須・択一)

    9: あなたの法人の規模は?(必須・択一)

    10: AIの利用者ですか?(必須・複数選択可)
    AI利用者  AI開発者  AI提供者  その他

    11: 貴社または顧客先がAIで行っている・行いたいことはどれにあたりますか?(必須・複数選択可)
    画像認識  文章認識  音声認識  需要予測  故障予測  価格予測  開示できない  その他  
    具体的テーマがあれば教えてください(任意)

    12: 貴社または顧客先でAI/DX活用を推進上で過去を含めて「お困りごと」がありましたら教えてください(必須・複数選択可)
    データが存在しない・整理されていない  課題の整理が出来ていない  費用対効果が計画できない  経営トップの理解・意識低い  AI推進役のスキル不足  現場をAI活用に巻き込めない  AI推進上のパートナーが居ない  開示できない  その他  
    具体的な「お困りごと」があれば差し支えない範囲で教えてください(任意)

    13: 御社または提案先のAI/DXプロジェクト段階は?(必須・複数選択可)
    調査・情報収集の段階  構想・企画の段階  POC・試行・検証等の段階  システム・サービスを構築中  システム・サービスを運用中  予定していない  開示できない  その他

    14: AI/DXプロジェクトへのかかわり方を教えてください(必須・複数選択可)
    社内の導入について意思決定する立場  社内の導入について選定や提案をする立場  顧客に提案・コンサルティングする立場  導入に関与しない  情報収集  開示できない  その他  

    15:AI/DXプロジェクトにおいて、アノテーションを行っていますか?(必須・複数選択可)
    アノテーションを行っていない  アノテーションを行っている(自社内で)  アノテーションを行っている(外注などで)  開示できない  その他

    16: データサイエンティストは自社に在籍していますか?(必須・択一)

    17: クラウド系AIサービス開発の費用負担は、月額料金、初期開発費用はいくらまでなら支払っても良いと思いますか?
    【初期費用について】(必須・択一)
    【月次費用について】(必須・択一)

    18: 今回の登壇者にご質問などをご記入ください(必須)

    AIB協会についてお伺いします:

    99:AIB協会に開催してもらいたいイベントはどんなものですか?(必須・複数選択可)
    AI技術セミナー  AIビジネス実践報告セミナー  AIビジネス推進方策セミナー  AI法務・知財セミナー  AI技術者育成セミナー  AIハンズオン  AI個別相談(無料)  AI個別相談(有料)  AIビジネス・情報交換会(コロナ明けに会場で)  AIビジネス・情報交換会(オンライン)  自社告知・ショートプレゼンテーションの登壇希望(5分)  自社・プレゼンテーションの登壇希望(30分以上)  AIユーザ企業によるAIニーズ公開とAI提案募集(30分以上)  その他  

    99: AIB協会への入会について(必須)

    ※ たくさんのご回答、有難うございます。当日のセミナーの参考にさせていただきます
    ※ アンケートの内容はAIB協会・事務局で運営に活用させていただきます。また一部登壇者が活用させて頂きますが、公開など第三者に開示されることはありません
     AIB協会・個人情報保護方針:http://aib.or.jp/privacy-policy/


    上記の内容でよろしければ、チェックを入れて申込みボタンを押してください。

    ご質問等は、以下にご連絡ください。

    人工知能ビジネス創出協会 事務局

    〒150-0031
    東京都渋谷区桜丘町18-6 日本会館4階  株式会社 ISP Networks 内
    一般社団法人 人工知能ビジネス創出協会